一部繰上げの老齢基礎年金の場合

(男性)昭和16.4.2〜昭和24.4.1、(女性)昭和21.4.2〜昭和29.4.1生まれの人で、「60歳から65歳前までの老齢厚生年金」を受けられる人には、「一部繰上げの老齢基礎年金」を請求する方法があります。
「一部繰上げの老齢基礎年金」を請求した場合、次の図のように年金が支給されます。なお、下記の計算式で使用される(1)と(2)の数値は次の月数となっています。

   (1)=繰上げ請求月から特例支給開始年齢になる月の前月までの月数
   (2)=繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

図
注1. 特例支給開始年齢になると加給年金額が加算されます。
注2. 「繰上げ調整額」は次の式で計算されます(ただし、定額部分の厚生年金保険の被保険者期間の月数は最高444月とされます)。
繰上げ調整額=定額部分×(1- 
(1)
(2)
注3. 「経過的加算」は、「定額部分」から「基礎年金相当部分(厚生年金保険の被保険者期間にかかる老齢基礎年金の年金額)」を差し引いて得た額です。
注4. 「一部繰上げの老齢基礎年金」の支給額は次の式で計算されます。
一部繰上げの老齢基礎年金の支給額
                    老齢基礎年金× 
(1)
(2)
 ×(1-0.5%×(2))
注5. 「老齢基礎年金の65歳以後の加算額」は次の式で計算されます。
老齢基礎年金の65歳以後の加算額=老齢基礎年金×(1- 
(1)
(2)

 

【繰上げ支給の注意点】

●「全部繰上げ」と「一部繰上げ」は、どちらか一方を選択します。

●「全部繰上げ」は60歳から65歳前までの間に請求できますが、「一部繰上げ」は60歳から特例支給開始年齢になる月の前月までの間に請求することになっています。

●60歳から特別支給の老齢厚生年金を受けられる昭和16年4月2日〜昭和21年4月1日生まれの女子は、「全部繰上げ」を請求できますが「一部繰上げ」は請求できません。

●「全部繰上げ」と「一部繰上げ」の老齢基礎年金の額は、生涯にわたって減額されます。

●一度決められた減額率は一生を通じて変更されません。

●請求後は、障害基礎年金や寡婦年金を受けられません。

●国民年金の任意加入者は、繰上げ支給の請求をできません。

 

全部繰上げの老齢基礎年金の場合

(男性)昭和16.4.2〜昭和24.4.1、(女性)昭和21.4.2〜昭和29.4.1生まれの人で、「60歳から65歳前までの老齢厚生年金」を受けられる人が「全部繰上げの老齢基礎年金」を請求した場合、次の〈1〉または〈2〉の図のように年金が支給されます。
なお、昭和16年4月1日以前生まれの人が「全部繰上げの老齢基礎年金」を受けると、65歳前の「特別支給の老齢厚生年金」の全ての額が支給停止となります。

 

〈1〉(男性)昭和16.4.2〜昭和24.4.1、(女性)昭和21.4.2〜昭和29.4.1生まれの人

図

〈2〉(女性)昭和16.4.2〜昭和24.4.1生まれの人

図
注1. 特例支給開始年齢になると加給年金額が加算されます。
注2. 「経過的加算相当額」と「経過的加算」は同額で、「定額部分」から「基礎年金相当部分(厚生年金保険の被保険者期間にかかる老齢基礎年金の年金額)」を差し引いて得た額です。
注3. 「全部繰上げの老齢基礎年金」の支給額は次の式で計算されます。

全部繰上げの老齢基礎年金の支給額=老齢基礎年金×

(1-0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数)

 

このウインドウを閉じる